X

本サイトはクッキーを使用します。これらのクッキーは、どのページが最も頻繁に閲覧されているかや、訪問者がウェブページからエラーメッセージを受け取っているかなど、どのようにウェブサイトが利用されているかに関する情報を収集します。これらのクッキーは、訪問者を特定する情報は収集しません。これらのクッキーが収集するすべての情報は、ウェブサイトの改善を目的に限定して利用されます。本ウェブサイトの使用を続けることで、お客様は、当社がお客様のデバイスにクッキーを置くことに同意することになります。

乳がんのためのOncotype DX

ひとりひとりの早期乳がん患者さんのための治療の個別化

早期浸潤性乳がんのためのOncotype DX®

当社の主力製品であるOncotype DX乳がん検査は、早期浸潤性乳がんにおける再発の可能性と化学療法が奏効する可能性をともに予測できることが臨床エビデンスによって検証されている唯一の市販多重遺伝子発現検査です。

この検査は、次のようなタイプの早期乳がん患者さんにご利用いただけます。

  • エストロゲン受容体陽性(ER+)。これは、その乳がんがエストロゲン受容体を発現していることを意味し、乳がんの成長がエストロゲンホルモンによって刺激されます。
  • リンパ節転移陰性。これは、リンパ節にがん細胞が存在しないことを意味します。
  • リンパ節転移陽性。
  • HER2陰性。これは、そのがんがHER2タンパク質を高度に発現していないか、HER2遺伝子を2コピー以下しか持たないことを意味します。

Oncotype DX検査は、腫瘍組織内の21遺伝子の活性を調べることにより乳がんの個別の生物学的特性を分析します。この分析の結果から再発スコア™報告に記載される数値が計算されます。0から100までのこの数値によって、乳がんが診断から10年以内に再発する可能性について、そして化学療法が奏効する可能性について情報を得ることができます。

検査は、当初の手術(コアバイオプシー、乳腺腫瘤摘出術、乳房切除術)で切除した組織を少量使って実施しますので、この検査のために追加の手術や処置を受ける必要はありません。

Oncotype DX乳がん検査の詳細

DCIS(非浸潤性乳管がん)、ステージ0の未浸潤乳がんのためのOncotype DX

浸潤性乳がんのための検査に加えて、DCISのためのOncotype DX®検査では、局所再発(DCISまたは浸潤がん)の10年再発リスクを個別に予測できます。これは、非浸潤性乳管がんと診断された患者さんに対する治療方針の意思決定の指針として利用できる、臨床的に検証された初めての検査です。

DCISのためのOncotype DX検査は、医師ががん再発の可能性を評価するために従来利用してきた標準的測定値(マージンの幅、腫瘍の大きさ、腫瘍の悪性度など)に加えて、治療方針の決定を最適化するために必要な情報を提供するものです。

詳細については、Oncotype DX Breast DCIS Scoreの米国のウェブサイトをご覧ください。

詳しくは米国版ウェブサイトをご覧下さい

Breast Recurrence Score Breast DCIS Score Genomic Prostate Score Colon Recurrence Score