X

本サイトはクッキーを使用します。これらのクッキーは、どのページが最も頻繁に閲覧されているかや、訪問者がウェブページからエラーメッセージを受け取っているかなど、どのようにウェブサイトが利用されているかに関する情報を収集します。これらのクッキーは、訪問者を特定する情報は収集しません。これらのクッキーが収集するすべての情報は、ウェブサイトの改善を目的に限定して利用されます。本ウェブサイトの使用を続けることで、お客様は、当社がお客様のデバイスにクッキーを置くことに同意することになります。

前立腺がんのためのOncotype DX

男性の健康に関する、今なお課題が残る大きな問題への取り組み

医師は通常、腫瘍ステージ、PSA(前立腺特異抗原)値およびグリソンスコアなどの情報を用いて前立腺がんの悪性度を評価し、治療方針を決定する指針としています。

Oncotype DX®前立腺がん検査によって得られる情報は、active surveillance(積極的監視療法)と侵襲的治療のどちらが最良の対処法なのかを判断する際の新たな指針となります。早期前立腺がんと診断された直後の男性に用いられるこの検査は、がんの悪性度に関する個別情報を得るために、腫瘍内のある種の遺伝子の活性を調べます。この検査は直近のバイオプシーで得られた組織サンプルを用いて実施され、ゲノム前立腺スコア™(GPS)と呼ばれる、そのがんの成長と拡大する可能性を予測できる個別化された結果をもたらします。

詳しくは米国版ウェブサイトをご覧下さい

 

ジェノミック・ヘルスについて

Breast Recurrence Score Breast DCIS Score Genomic Prostate Score Colon Recurrence Score