X

本サイトはクッキーを使用します。これらのクッキーは、どのページが最も頻繁に閲覧されているかや、訪問者がウェブページからエラーメッセージを受け取っているかなど、どのようにウェブサイトが利用されているかに関する情報を収集します。これらのクッキーは、訪問者を特定する情報は収集しません。これらのクッキーが収集するすべての情報は、ウェブサイトの改善を目的に限定して利用されます。本ウェブサイトの使用を続けることで、お客様は、当社がお客様のデバイスにクッキーを置くことに同意することになります。

沿革

一人ひとりの患者さん様と向き合って、私たちはここまで来ました。

ジェノミック・ヘルスは、ヒトゲノムの塩基配列が初めて決定された年でもある2000年に、遺伝子革命の潜在力を活かしてがん治療への「フリーサイズ」的アプローチを排除する、という大胆な使命を掲げて設立されました。以下では、これまでの当社の歩みをご覧いただけます。

Oncotype IQゲノミックインテリジェンスプラットフォームが世界中で70万人を超える患者さんを支援

浸潤性乳がん、非浸潤性乳管がん (DCIS)、結腸がん、肺がん、前立腺がんを対象としたOncotype IQ検査ポートフォリオは、世界中で70万人を超える患者さんに有用な情報を提供し、信頼性の高い治療の意思決定を支援します。


主要な研究結果によりOncotype DXが前立腺がんの転移と死亡率を予測することを実証

Oncotype DX前立腺がん検査スコアは、腫瘍の悪性度を示す4つの主な特徴の測定能に対するバリデーションが得られた唯一の検査です。 続きを読む


かつてないほど大規模な前向き臨床アウトカム試験の結果により乳がん治療の個別化におけるOncotype DXの比類なき価値を裏付け

4か国の63,000人以上の乳がん患者を対象に行われた複数の大規模な個別研究から、リンパ節転移陰性または陽性の浸潤性乳がん患者のうち、化学療法で治療すべき患者さんを特定する能力が高いことを示す臨床的エビデンスが得られました。 続きを読む


AR-V7リキッドバイオプシー検査の実施に向けたEpic Sciences社との戦略的協力によりOncotype IQポートフォリオを拡大

転移性前立腺がんの治療反応を予測するため、Epic Sciences社の新しいAR-V7リキッドバイオプシー検査を商品化する独占協定を締結したことにより、あらゆる段階のがん患者を支援したいというジェノミックヘルスのビジョンがさらに推し進められています。続きを読む


ジェノミックヘルス初となるリキッドバイオプシー検査の導入

Oncotype SEQリキッドバイオプシー検査の変異パネルは、次世代のシーケンシングを使用しており、選択された17遺伝子においてアクション可能なゲノム変化を特定し評価することにより、ステージIVの固形腫瘍の治療上の意思決定に役立つ情報を提供します。続きを読む


Plan B試験の臨床アウトカムの発表

西ドイツ試験グループによりドイツで実施されている乳がんの最新術後補助化学療法に関する欧州最大規模の試験において、Oncotype DXは、たとえ従来の因子により高リスクと判定された場合でも、化学療法の必要性が低い患者と診断5年後の無病生存率を正確に予測することが示されました。続きを読む


ドイツ全国がん診療ガイドライン (German National Cancer Guidelines) がOncotype DXをエビデンスレベル1Aとして採用

複数の大規模前向きアウトカム試験の結果に基づき、ドイツ全国がん診療ガイドラインに初めて採用された唯一の多遺伝子乳がん検査となりました。続きを読む

SEERレジストリの予後結果

44,500人を超える乳がん患者さんにおける大規模な観測試験から得られた前向き予後結果によって、再発スコアが18未満の患者さんでは良好な5年乳がん生存率が得られることが示されました。 続きを読む


TAILORx予後結果の発表

大規模なTAILORx予後試験によって、Oncotype DX再発スコア®結果が低値(<11)であった患者さんの99%において、ホルモン療法のみで乳がんが5年間再発しなかったことが実証されました。 続きを読む


クラリット健康保険試験

イスラエル最大の健康維持機構、クラリット健康保険からの前向き臨床予後結果は、Oncotype DX再発スコア結果が低値および中間値の患者さんの臨床予後を予測できることを実証するものでした。 続きを読む


Oncotype DX®前立腺がん検査が米国メディケアの保険適用に

米国においてOncotype DX前立腺がん検査にメディケアの保険が適用されるようになり、6万人近くの前立腺がん患者さんイスラエル最大の健康維持機構、クラリット健康保険からの前向き臨床予後結果は、Oncotype DX再発スコア結果が低値および中間値の患者さんの臨床予後を予測できることを実証するものでした。がプレシジョン・メディシンを受けられるようになりました。続きを読む


膀胱がんリキッドバイオプシーの進歩

膀胱がんリキッドバイオプシー検査の有用性を証明したデータを発表しました。続きを読む

リキッドバイオプシーのパイプライン拡大

血液および尿サンプルで乳がんと膀胱がんを検出するためのリキッドバイオプシーをベースにしたがん検査の開発を進めました。 続きを読む


Oncotype DX®の利用者が50万人超に

浸潤性乳がん、DCIS乳がん、大腸がんおよび前立腺がんのよりよい治療方針を決定するためにOncotype DX検査製品ラインを選んだ患者さんの数が世界中で50万人を超えました。

Oncotype DX前立腺がん検査の販売開始

バイオプシーをベースにしたゲノム解析検査のOncotype DX前立腺がん検査を上市しました。この検査を他の臨床手段と組み合わせて利用すれば、低リスク前立腺がんの悪性度を予測することができ、アクティブサーベイランス(積極的監視療法)でよいのか、あるいは手術などのより侵襲的な緊急治療が必要かを判断する助けになります。 続きを読む

Oncotype DX Genomic Prostate Score


NICEが化学療法に関する意思決定の指針としてOncotype DXを推奨

英国の国立臨床研究所が発行したガイダンス(National Institute for Health and Care Excellence[NICE])において、ホルモン受容体陽性の早期浸潤性乳がん患者さんが化学療法についての意思決定の指針として利用できる唯一の多重遺伝子乳がん検査として、Oncotype DXが推奨されました。 続きを読む


Oncotype DX乳がん検査がESMOガイドラインに採用

欧州臨床腫瘍学会(European Society for Medical Oncology[ESMO])が、治療ガイドラインにOncotype DX乳がん検査を採用しました。

次世代シーケンシング(NGS)プログラムが加速

次世代シーケンシング(NGS)プログラムはRNA配列発現および変異分析の両方を検討する臨床開発試験を大きく前進させました。 続きを読む

DCISのためのOncotype DX乳がん検査の販売開始

DCIS(非浸潤性乳管がん)患者さんのためのOncotype DX浸潤性乳がん検査を上市しました。これは、DCIS患者さんの10年間の局所再発リスクを個別に予測できることが初めて臨床的に検証された遺伝子解析検査であり、治療に関する意思決定の指針として役立ちます。続きを読む

Oncotype DX Breast DCIS Score


Oncotype DX大腸がん検査が米国メディケアの保険適用に

米国のメディケアがOncotype DX大腸がん検査の保険適用を決定しました。続きを読む


St. Gallen専門家委員会に認められたOncotype DX乳がん検査

第12回ザンクトガレン国際乳がん会議の専門家委員会が、Oncotype DX乳がん検査が予後情報だけでなく治療効果予測情報も提供できることを認定しました。 続きを読む

ジェノミック・ヘルス国際本部をジュネーブに設立

スイスのジュネーブに国際本部を開設しました。


Oncotype DX大腸がん検査を販売開始

ステージIIの大腸がんに対する治療方針を模索している患者さんが、自身のがんの悪性度を判断するのに役立つOncotype DX大腸がん検査を全世界で上市することを発表しました。 続きを読む

Oncotype DX Colon Recurrence Score

Oncotype DX乳がん検査の利用者が10万人超に

Oncotype DX乳がん検査を個別化治療決定の指針として利用した患者さんの数が10万人を超えました。 続きを読む

Oncotype DX乳がん検査がNCCNガイドラインに採用

全米総合がん情報ネットワーク(National Comprehensive Cancer Network[NCCN])は乳がん治療ガイドライン2008年版にOncotype DXを掲載しました。 続きを読む

Oncotype DX乳がん検査がASCOガイドラインに採用

アメリカ臨床腫瘍学会(American Society of Clinical Oncology[ASCO])は、乳がん腫瘍マーカーの利用に関するガイドライン改訂版にOncotype DX乳がん検査を掲載しました。 続きを読む


Oncotype DX乳がん検査をリンパ節転移陽性の患者さんで検証

Oncotype DX乳がん検査を用いた初めての臨床試験でリンパ節転移陽性乳がんの患者さんに対する 有用性をASCOで発表しました。 続きを読む

Oncotype DX乳がん検査が米国メディケアの保険適用に

米国のメディケアは、条件を満たした患者さんに対してOncotype DX乳がん検査の費用を償還することを決定しました。 続きを読む

ジェノミック・ヘルスの新規株式公開

ジェノミック・ヘルスは新規株式公開を行いました。 続きを読む

Oncotype DX乳がん検査の販売開始

早期乳がん患者さんの乳がん再発の可能性を定量化すると同時に化学療法の効果の大きさも予測するOncotype DX乳がん検査を上市しました。

Oncotype DX Breast Recurrence Score 


NSABP試験がOncotype DXの21遺伝子群を検証

乳がん・大腸がん補助療法プロジェクト(National Surgical Adjuvant Breast and Bowel Project[NSABP])とジェノミック・ヘルスは、Oncotype DXの21遺伝子群によって、大部分の早期乳がん患者さんの乳がん再発の可能性を定量化でき、またB-20試験の患者さんにおける化学療法の効果の大きさを予測できることを実証した新しい試験結果を報告しました。 続きを読む

NSABP試験がジェノミック・ヘルスの再発定量化能力を検証

乳がん・大腸がん補助療法プロジェクト(National Surgical Adjuvant Breast and Bowel Project[NSABP])とジェノミック・ヘルスは、大規模な前向きB-14臨床試験が既定の評価項目を満たしており、ジェノミック・ヘルス独自の乳がん検査が大部分の新規診断乳がん患者さんにおける乳がん再発の可能性を正確に定量化できることを検証したことを発表しました。 続きを読む

概念実証が完了

概念実証試験を完了し、ホルマリン固定パラフィン包埋の腫瘍組織から遺伝子発現分析プロファイルを適切取得できることを確認しました。

カリフォルニア州レッドウッドシティにジェノミック・ヘルス設立

創業者であるランディ・スコットは、親しい友人のがん診断に触発され、患者さんそれぞれの腫瘍内の遺伝子活性に基づき、高度に個別化されたがん治療の決定を可能にする診断法の開発という目標を掲げて、カリフォルニア州レッドウッドシティにジェノミック・ヘルスを設立しました。

Breast Recurrence Score Breast DCIS Score Genomic Prostate Score Colon Recurrence Score